スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mozilla Party JP 10.0

5/30 にもじら組主催の Mozilla Party JP 10.0 で Ubiquity について講演しました。

プレゼン資料:
自然言語インタフェースと Ubiquity [PDF, 386KB]

最後のほうの Parser 2 の概要は mitcho さんに話していただきました

流石に 2, 3日前のコミットまでは追いかけられず、コマンド API 1.0, 1.5, 2.0 には触れていません。
Ubiquity の国際化 (i18n, l10n) については Ubiquity i18n group で話が進められています。

日本語パーサのソースはこちら: Ticket #703

時間オーバーでデモがほとんどできませんでしたが、パーサの概要は伝わったかなと思います。

それから、はじめに少し触れた入力部分について、宴会のときに、ライトニングトークで発表された W3C の芦村さんとお話できました。
今年の 2月に勧告されたばかりの EMMA を Ubiquity で使えないかという話で、パーサの入出力部分を EMMA で処理できれば、将来的に面白いことになりそうです。

その他の講演については emasaka さんと mitcho さんがまとめておられます。

関連記事

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://chimantaea.blog8.fc2.com/tb.php/73-8fa51a93

※トラックバック元には、この記事へのリンクを含めてください。