スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンチアクティビティ

皆がそうするから。
それは、多勢の他人であってあなたではない。
提供されたものの中に「欲しいもの」が無ければ、
それを、どうやって見つける?

例えば、目隠しをして手探りをするとき、
何を探っているのだろう?
その動作は何?

「欲しいもの」にたどり着くまで、
その手は何をしているのか。
何も無い空間を除外しているのではないか。

そこにあるものを除外して、輪郭を捉える。
消極的選択。

これを提供するには、
今見えているものを取り除かなければならない。

画面を切り替える?
再起動する?
それとも、OSを再インストールする?

・・・

全部ハズレ :-p
輪郭まで除外してはいけない。

答えは、
今見えているものの中にヒントを置くこと。
すべて除外したときにヒントが残ること。
ヒントが「欲しいもの」に限りなく近いこと。
関連記事

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://chimantaea.blog8.fc2.com/tb.php/25-3dd774d3

※トラックバック元には、この記事へのリンクを含めてください。