スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カーソル置き場 その2

前回までのあらすじ

やっとのことで居場所を得たマウスカーソルだが、なんだか居心地が悪い。
ここにあるべきではない。まるで、横断歩道の脇で寝ているかのようだ。
ふと見渡すと、コンテンツの周りを取り囲んでいるものが、自分の行く先を支配しているらしいことに気が付いた・・・。

一番近くにあるもの、つまりコンテンツ。
これはどこにでもある。
囲むものが無くては存在できないが、ここにすべての存在価値がある。
これに触れることがマウスカーソルの使命。

コンテンツの周りの枠、つまりウインドウ。
ここは自由に出入りできる。
マウスカーソルの特権だ。
ただし、その中に入らなくては何もできない。

一番外側の枠、世界の果て、つまり画面。
ここから外に飛び出すことはできない。
何もすることがないから。


そして、様々な世界を造りだすものがすぐ傍にある。
インターフェイス。

(え、まだ続くの?)
関連記事

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://chimantaea.blog8.fc2.com/tb.php/22-09fa148f

※トラックバック元には、この記事へのリンクを含めてください。