スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

省略するもの、されるもの

以下略。



省略レベルを 5 段階で表すと、↑はレベル 1。
中身がない。
以下略。

↑はレベル 2。
タイトルだけでどうしろと。
見たままではあるが、本質(※)に全く触れていない。
この場合の本質については、後述する。


↑はレベル 3。
詳しい説明を他のものに頼り、手間を省く。
これが一番よくあるパターン。
重複を避け、資源、空間、時間を効率よく利用する。


↑はレベル 4。
これを読む人、捉える人、書く人に共通の認識があるので
積極的に省いても良い。
認識を補完する部分について記述する。


↑はレベル 5。
何を省略しているのか分からない。
そもそも必要がない。

-----
※意味の分からないところを省略しちゃだめですよ。
という内容。

それぞれに名前を付けると、
レベル 1 ・・・ 無し(Nothing)
レベル 2 ・・・ 暗示(Cue)
レベル 3 ・・・ 後で(Explain after)
レベル 4 ・・・ 限定(Reduce)
レベル 5 ・・・ 不要(Unnecessary)
関連記事

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://chimantaea.blog8.fc2.com/tb.php/16-8864b5a3

※トラックバック元には、この記事へのリンクを含めてください。