スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

規格の策定者が解説する JIS X 8341-3:2010

規格の策定者が解説する JIS X 8341-3:2010 のセミナーに行ってきた。

8/20 に公示された JIS X 8341-3 の改訂版についての解説を聞けました。

  1. ウェブアクセシビリティ基盤委員会の紹介、JIS X 8341-3:2010 入門 (渡辺隆行:委員長兼WG1主査、東京女子大学、ITRC)
  2. JIS X 8341-3:2010 の実装方法 (植木真:WG2主査、インフォアクシア)
  3. JIS X 8341-3:2010 を用いた試験 (梅垣正宏:WG3主査)
  4. 質疑応答

規格の内容 (箇条 7) は WCAG 2.0 と同一。

実装は、解説文書で達成基準の要件を確認することが重要。等級 AAA を目標にすることは推奨しない。
アクセシビリティ・サポーテッド情報を活用する。

試験は、等級のものさしで測り、その精度内にあるかを検証する。
チェックリストを作成する際は、実装技術集の「検証」と「AS 情報」が重要。
適合性については、次の言葉が使用できる。

  • 「JIS X 8341-3 に適合」: 適合性評価にすべて適合
  • 「JIS X 8341-3 に準拠」: 特定の達成基準を満たす
  • 「JIS X 8341-3 に配慮」: いずれかの試験を実施

その他、詳しくはウェブアクセシビリティ基盤委員会 (WAIC) の JIS X 8341-3:2010 関連文書を読むと分かります。

以下、質疑応答をざくっとまとめました。"[ ]" は規格の条項です。

注: 聞きながら要約してメモを書いたので間違いや抜け落ちている部分があります。正確な情報を持っている方があればコメントください。

質疑応答:

Q1. アクセシビリティの対象に PDF は含まれないのか?

A1. すべての技術が含まれる。PDF を例外にはできない。PDF でアクセシビリティが確保できない場合は、その代替コンテンツが適合すればよい。


Q2. PDF の代替コンテンツとして MS Word 形式は適合できるか?

A2. PDF よりはアクセシブルだが、試験をしないといけない。HTML 等で代替するのがベスト。


Q3. サイトを複数のドメインで運営している場合は?

A3. [3.1.4] のページ一式の定義に従って、ケースバイケースで判断する。


Q4. [8.1.3 a)] (第三者コンテンツ) の「適合していないコンテンツを監視・修正できない」の判断基準は? 運営自体が判断できないのか、システムが判断できないのか。

A4. a) は、「監視されていて、2 営業日以内に修正される」ことが条件。できないなら、[8.1.3 b)] 監視・修正できない部分を宣言すればよい。


Q5. YouTube など第三者のサービスを利用する (埋め込む) 場合はどうするのか?

A5. コンテンツが本当に第三者のものであり、手を加えられない場合は例外にできる。そうでなければ試験の対象 ([3.1.3]) に含まれる。


Q6. アクセシビリティ・サポーテッド (AS) をどの程度サポートすればよいのか基準がない。

A6. 現時点でははっきりとしていない。自分たちで判断してほしいが、WAIC で情報を共有していきたい。コンテンツについては規定されているが、支援技術 (AT) やツールに対しては WAIC の検証結果を出していきたい。


Q7. 過去の印刷された紙データを PDF 化したが、そのコントラストが足りないとき、適合させようとすると情報が損なわれる場合はどうしたらよいか?

A7. 等級 A または AA ([7.1.4.3]) に適合できるようにする。ただし、代替コンテンツ (HTML 等) がないとアクセシブルにならない。参考として、[7.2.4.10] は過去のコンテンツに手を加えられない場合があるので等級 AAA になっている。


Q8. PC 用とスマートフォン用の共通のコンテンツを作ったとき、スマートフォンが独自の機能を利用しているため代替コンテンツを用意できない場合もガイドラインの対象になるのか?

A8. 「ウェブページ一式」が何なのかが問題になる ([3.1.4])。制作者側で判断してページ上で宣言すればよい。または、PC 用とモバイル用で分ける。


Q9. 2004年版 (JIS X 8341-3:2004) の [5.1.a] (機種依存文字の扱い) は 2010年版のどれに該当するのか?

A9. アクセシビリティとは何かということが問題になる。機種依存文字は通常のユーザも障害をもつユーザも困る環境の問題なので、アクセシビリティの問題ではないのではないか。


Q10. [7.2.4.4] の「リンクの目的が利用者にとってあいまいな場合」とは?

A10. (聞き逃しました orz)


Q11. AJAX については、どのように扱うべきか?

A11. 現在、W3C の WAI-ARIA で作業中。間もなく新しい WD がでるはず。


Q12. 講演の中でデモされた富士通サイトのスキップリンクの実装について、[7.3.2.5] に抵触しないか?
(※ Tab キーでフォーカスされるとページ上部に隠れていたスキップリンクが表示されるというもの)

A12. この実装は、「新しいページが勝手に開く」「別のページに移動する」などの「状況の変化」には当たらない。


Q13. 文字拡大と画像化された文字 (特にメニューに使われるもの) について、さらに技術的に踏み込んで制限できないか?

A13. [7.1.4.4] (等級 AA)、[7.1.4.8] (等級 AAA) があるが、基本的には [7.1.1] (代替テキスト) で対応すべき。[7.1.4.5] (等級 AA) もある。画像化された文字自体は JIS で禁止していない。


Q14. ウェブアプリの試験方法について、一連のプロセスで試験したほうがよいと思うが、アドバイスがほしい。

A14. ウェブアプリを JIS で試験する環境は整っていない。WAI-ARIA が勧告されれば環境が整ってくるのではないか。ウェブアプリの場合は、そのプロセスがはっきりしているので、制作者側がその中に検証できるものを埋め込んでテストする方向になっていくのではないか。


Q15. HTML5+CSS のアクセシビリティ対応についての見解を聞きたい。

A15. 新しい技術に対しては、どうしても後追いになる。正式に勧告されないと進まないが、文書化する動きはある。ブラウザ、ATがまだ対応できていない。現時点の実装・仕様を見て、できる範囲で対応するしかない。とにかく達成基準を満たせばよいが、その実装には工夫が必要。

最後に渡辺先生が「アクセシビリティに 100点満点は無い。常に改善していくことが大事」のようなことをおっしゃっていました。

関連記事

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://chimantaea.blog8.fc2.com/tb.php/107-260e2562

※トラックバック元には、この記事へのリンクを含めてください。