規格の策定者が解説する JIS X 8341-3:2010

規格の策定者が解説する JIS X 8341-3:2010 のセミナーに行ってきた。

8/20 に公示された JIS X 8341-3 の改訂版についての解説を聞けました。

  1. ウェブアクセシビリティ基盤委員会の紹介、JIS X 8341-3:2010 入門 (渡辺隆行:委員長兼WG1主査、東京女子大学、ITRC)
  2. JIS X 8341-3:2010 の実装方法 (植木真:WG2主査、インフォアクシア)
  3. JIS X 8341-3:2010 を用いた試験 (梅垣正宏:WG3主査)
  4. 質疑応答

規格の内容 (箇条 7) は WCAG 2.0 と同一。

実装は、解説文書で達成基準の要件を確認することが重要。等級 AAA を目標にすることは推奨しない。
アクセシビリティ・サポーテッド情報を活用する。

試験は、等級のものさしで測り、その精度内にあるかを検証する。
チェックリストを作成する際は、実装技術集の「検証」と「AS 情報」が重要。
適合性については、次の言葉が使用できる。

  • 「JIS X 8341-3 に適合」: 適合性評価にすべて適合
  • 「JIS X 8341-3 に準拠」: 特定の達成基準を満たす
  • 「JIS X 8341-3 に配慮」: いずれかの試験を実施

その他、詳しくはウェブアクセシビリティ基盤委員会 (WAIC) の JIS X 8341-3:2010 関連文書を読むと分かります。

以下、質疑応答をざくっとまとめました。"[ ]" は規格の条項です。

...続きを読む