スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ローカライズ作業を共同で

Mozilla関係の翻訳・ローカライズには、主に 5つのグループがあります。

  • ローカライズセンター(製品のローカライズ)
  • 翻訳部門(Webサイトの翻訳)→ MDCに移行中
  • Mozilla Developer Center(技術文書などの総合サイト)
  • Mozilla訳語決定会
  • 拡張機能のローカライズ(次期 a.m.o も含まれるかも)

いくつも分散しているローカライズとか翻訳の作業と資産をなんとかできないものか、と考えていたら、2006年度下期未踏ユースに採択された deqさんの提案を見つけました。

共同ローカリゼーションフレームワーク(仮) 開発メモ [deq note]

まだ計画段階ですが、なかなか良さそうです。
これはぜひ完成させて欲しいですね。
応援してます。;-)

スポンサーサイト

Thunderbird 2.0

1.0 がリリースされたときは、(完成度を期待するなら)日本語版は 1.5 からと言われ、
1.5 がリリースされたときは、日本語の扱いが・・・とか重いとか言われ続けた Thunderbird がようやく 2.0 になります。

今までは Firefox のお下がり的な機能ばかりでしたが、 2.0 になってメールクライアントとしての特徴が出てきました。
多少の遅れはあるかもしれませんが、時代になんとか追いついています。

こういう書き方をするのは、メールクライアントの需要が減ってきているからです。
思いつくだけでも、

  • Gmail などの Web サービス
  • SNS のような閉じたネットワーク
  • Skype をはじめとする音声と映像のネットワーク

などが、ローカルのメールクライアントを必要としていません。
Thunderbird が生き残るには、これらのインタフェースとストレージになるか、新しい使い方を産みだすしかありません。

Thunderbird 2.0 は、すでに一歩踏み込んでいます。
あとは使い方次第。

...続きを読む